このページをお気に入りに追加

新潟県 新潟・月岡・阿賀野川
ペットOK(犬・猫)の温泉旅館・宿
クチコミ人気ランキング

ペットも家族の一員!かわいいワンちゃんやネコちゃんも一緒に温泉に連れて行きたい!そんなあなたの願いをかなえてくれるペットと一緒に泊まれる温泉宿を「くちこみ」「価格が安い」「高級」の3つのランキングでご紹介!犬や猫などのペットだってたまには温泉旅行をしたいんです!一人でお留守番なんてイヤなんです。

ランキングを並べ替える→ クチコミ人気順 | 料金が安い順 | 料金が高い順

新潟県 新潟・月岡・阿賀野川にある「ペットOK(犬・猫)の温泉旅館・宿」の「クチコミ人気ランキング」を最新データからド〜ンとご紹介!今日の1位はどの温泉宿か?

クチコミ人気ランキング 1位

白玉の湯 泉慶

白玉の湯 泉慶0(しらたまのゆ せんけい)

贅を極めた宿で過ごす至福のひととき☆クチコミ4.6の宿☆

硫黄の効能豊かな自家源泉“白玉の湯”の大露天風呂と旬の越後の創作会席料理が好評。和やかな時間と非日常感を感じられる心を尽くしたおもてなしが自慢です。

新潟県新発田市月岡453

温泉地: 月岡温泉

クチコミ点数 4.5 クチコミ件数 87件

1室2名利用時の1泊1名料金 10800円


クチコミ人気ランキング 2位

白玉の湯 華鳳 

白玉の湯 華鳳 0(しらたまのゆ かほう)

六千坪の庭園に包まれた小高い丘に建つ宿。静かな贅沢がここに。

 ロビーではピアノの音色がゆるやかに流れ、くつろぎのひと時を演出。館内随所から眺められる庭園や笑顔の接客、部屋または個室で頂く旬会席や館内の活け花。心癒す空間に硫黄の香る自家源泉も魅力の宿。

新潟県新発田市月岡温泉134

温泉地: 月岡温泉

クチコミ点数 4.8 クチコミ件数 57件

1室2名利用時の1泊1名料金 15120円


クチコミ人気ランキング 3位

咲花温泉 河畔の宿 碧水荘

咲花温泉 河畔の宿 碧水荘0(さきはなおんせん かはんのやど へきすいそう)

碧色の貸切露天風呂は無料、雄大な景色を独占!

悠々と流れる大河、阿賀野川の碧水に佇む様に建つ宿。【美肌の湯】天然温泉たっぷりのお湯で心も体もゆったり、のんびり寛げる心癒す静かな宿です。 地元素材の旬採料理で、おもてなし致します。

新潟県五泉市佐取3602

温泉地: 咲花温泉

クチコミ点数 4.3 クチコミ件数 61件

1室2名利用時の1泊1名料金 3240円


咲花温泉 阿賀のめぐみ 望川閣

咲花温泉 阿賀のめぐみ 望川閣0(さきはなおんせん あがのめぐみぼうせんかく)

県内で唯一!咲花の湯を<3色同時に楽しめる>川沿いの温泉宿。

山と川に囲まれた静かな温泉宿。6階の展望露天風呂に浸かりながら、景勝・阿賀野川ライン(日本観光地百選入賞)の四季をお楽しみください。愛犬(室内犬)とお泊まり出来るほか、一人旅も歓迎しております。

新潟県五泉市佐取2869

温泉地: 咲花温泉

クチコミ点数 4.2 クチコミ件数 12件

1室2名利用時の1泊1名料金 8640円


出湯温泉 大石屋旅館

出湯温泉 大石屋旅館0(でゆおんせん おおいしやりょかん)

開湯1200年の名湯!自家源泉100%の出湯温泉と食材豊かな郷土料理

県内最古の温泉で湯治場の歴史が深い出湯温泉。まじりっけのない柔らかなお湯は飲泉も可能。卓球コーナーもあり昔ながらの温泉旅館の風情がたっぷり。美味しいコシヒカリや名物鯉料理もお楽しみに!ペット可

新潟県阿賀野市出湯760

温泉地: 出湯温泉 (五頭)

クチコミ件数 3件

1室2名利用時の1泊1名料金 5000円


三川温泉 新かい荘

三川温泉 新かい荘0(みかわおんせん しんかいそう)

ペットOK♪ビジネスマン大歓迎☆天然温泉と田舎料理が楽しめる旅館

愛犬と一緒にのびのびと泊まれます♪大浴場は時間帯によって貸切利用が可能です。鮎や鯉、季節毎の獲れたての山菜を使った素朴な田舎料理が味わえます。大宴会場のレーザーカラオケは無料でお使い頂けます!

新潟県東蒲原郡阿賀町五十沢295番地

温泉地: 三川温泉

クチコミ件数 1件

1室2名利用時の1泊1名料金 9000円


新潟県 目的・こだわりで探す温泉宿・旅館

温泉にこだわる!

食事・料理にこだわる!

お部屋・客室にこだわる!

サービスにこだわる!

施設・設備にこだわる!

ロケーション・場所にこだわる!

子供や赤ちゃんと一緒に楽しむ!


【日本旅行】 お得な宿泊プラン&海外旅行をオンラインでらくらく予約!

都道府県から探す温泉宿・旅館

北海道・東北

関東

甲信越

東海

北陸

近畿

中国

四国

九州・沖縄

帰宅する際、旅館の部屋を出る時に注意することは何?

部屋を出る時に一番注意したいことは、散らかしっぱなしで出ないこと。濡れたバスタオルをベッドやカーペットの上に置いて出てしまったら、シミになるかもしれませんし、カーペットを乾かすにも時間がかかってしまいます。この場合、「濡れたバスタオルはバスタブに入れておく」というのがマナーです。また、浴衣(ゆかた)を着たら、部屋を出る前に一箇所にまとめとくと掃除係の人も助かります。あなたが充実した心地よい旅行ができたのは、旅館や宿のスタッフの人のおかげです。「私は金を払っている客だ。なんでも許されるんだ。」という態度ほどかっこ悪いものはありません。宿のスタッフも含めて、次に使う人のことを考えられる人でいたいものです。