栃木県 那須・板室
シングルルーム(ベッド1つ)がある温泉旅館・宿
クチコミ人気ランキング

ひとりで気ままな一人旅をする人が増えてきました。以前は「一人旅」といえば男性が一般的でしたが、近年は国内をひとりで旅行する女性の一人旅も定着してきました。ひとり旅に最適なシングルベッド(幅100cm程度)、もしくはセミダブルベッド(幅120cm程度)が1つ設置されている客室のある温泉宿、温泉旅館を「くちこみ」「価格が安い」「高級」の3つのランキングでご紹介!

ランキングを並べ替える→ クチコミ人気順 | 料金が安い順 | 料金が高い順

栃木県 那須・板室にある「シングルルーム(ベッド1つ)がある温泉旅館・宿」の「クチコミ人気ランキング」を最新データからド〜ンとご紹介!今日の1位はどの温泉宿か?

クチコミ人気ランキング 1位

ホテルサンバレー那須

ホテルサンバレー那須0(ほてるさんばれーなす)

温泉好き大集合♪北関東最大級の温泉リゾートホテル!

<春休みのご予約受付中!>春の味覚バイキング開催中!屋外スパ「アクアヴィーナス」は3/9より再OPEN!【3種の泉質湯めぐり】本館大浴場「湯遊天国」はイン前~アウト後も無料で利用OK!

栃木県那須郡那須町湯本203

温泉地: 新那須温泉 (那須)

クチコミ点数 4.1 クチコミ件数 472件

1室2名利用時の1泊1名料金 10800円


クチコミ人気ランキング 2位

真奈邸那須

真奈邸那須0(まなていなす)

口コミ評価4.8★★大正ロマンの雰囲気漂う宿 真奈邸 那須

2018年7月ニューオープン。那須岳の麓に佇む静寂の宿。美術品とアンティーク家具に囲まれ、温泉・薬石浴と高原野菜をふんだんに使用した夕食で身も心もリフレッシュ。

栃木県那須郡那須町大字高久丙1577-3

温泉地: 那須温泉

クチコミ点数 4.8 クチコミ件数 15件

1室2名利用時の1泊1名料金 10000円


クチコミ人気ランキング 3位

板室温泉 大黒屋

板室温泉 大黒屋0(いたむろおんせん だいこくや)

那須・板室に知る人ぞ知る名宿 『保養とアートの宿 大黒屋』

那須・板室で大自然の静寂に囲まれながら芸術文化に触れ、かけ流し温泉の恵みと身体に優しい料理。華美な装飾や過度なサービスがなく、贅沢なものは加えず地のままで味わい深い時間を提供。全室部屋食

栃木県那須塩原市板室856

温泉地: 板室温泉

クチコミ点数 4.6 クチコミ件数 30件

1室2名利用時の1泊1名料金 20520円


かんすい苑覚楽

かんすい苑覚楽0(かんすいえんかくらく)

地元野菜・とちぎ和牛◎旬の美食と天然温泉で癒されて♪

那須ICから車10分 全館客室Wi-Fiご利用◎ウエルカムベビーの宿認定☆貸切風呂新設♪源泉100%温泉と、地元食材を使った料理が魅力♪清流沿いの日本情緒あふれる一軒宿。ご到着時お抹茶と和菓子でお出迎え

栃木県那須塩原市黒磯402-5

温泉地: 黒磯温泉

クチコミ点数 4.5 クチコミ件数 29件

1室2名利用時の1泊1名料金 10800円


那須温泉宿 ゆきみそう

那須温泉宿 ゆきみそう0(なすおんせんやど ゆきみそう)

栃木県那須高原にある、一日4組限定のペットと泊まれる温泉宿

メインストリートから外れた場所にある静かな場所。
都心では味わうことの出来ない満天の星空や自然の音・香りに満たされます。
硫黄の香りする乳白色の温泉で愛犬と日々の疲れを癒して下さい。

栃木県那須郡那須町湯本206-660

温泉地: 新那須温泉 (那須)

クチコミ点数 4.9 クチコミ件数 11件

1室2名利用時の1泊1名料金 11340円


ペンション ショパン

ペンション ショパン0(ぺんしょん しょぱん)

ピアノ生演奏で優雅なディナータイム。ガーデン風天然温泉。

クラシカルな客室6部屋のゆったりとした館内です。デザートタイムにオーナーの弾くピアノの調べが静かな高原の夜を演出します。天然温泉で日ごろの疲れをいやしてください。館内完全禁煙です。


那須郡那須町湯本593

温泉地: 那須高原温泉 (那須)

クチコミ点数 4.6 クチコミ件数 10件

1室2名利用時の1泊1名料金 10000円


栃木県 目的・こだわりで探す温泉宿・旅館

温泉にこだわる!

食事・料理にこだわる!

お部屋・客室にこだわる!

サービスにこだわる!

施設・設備にこだわる!

ロケーション・場所にこだわる!

子供や赤ちゃんと一緒に楽しむ!

都道府県から探す温泉宿・旅館

北海道・東北

関東

甲信越

東海

北陸

近畿

中国

四国

九州・沖縄

帰宅する際、旅館の部屋を出る時に注意することは何?

部屋を出る時に一番注意したいことは、散らかしっぱなしで出ないこと。濡れたバスタオルをベッドやカーペットの上に置いて出てしまったら、シミになるかもしれませんし、カーペットを乾かすにも時間がかかってしまいます。この場合、「濡れたバスタオルはバスタブに入れておく」というのがマナーです。また、浴衣(ゆかた)を着たら、部屋を出る前に一箇所にまとめとくと掃除係の人も助かります。あなたが充実した心地よい旅行ができたのは、旅館や宿のスタッフの人のおかげです。「私は金を払っている客だ。なんでも許されるんだ。」という態度ほどかっこ悪いものはありません。宿のスタッフも含めて、次に使う人のことを考えられる人でいたいものです。