このページをお気に入りに追加

山口県 萩・長門
天然温泉の源泉掛け流しの温泉旅館・宿
クチコミ人気ランキング

源泉かけ流しの天然温泉を提供するには、宿主の努力が必要とされます。具体的には、1日に1度は湯を抜いて、湯船を掃除していなければなりません。源泉かけ流しされた温泉は、人間の手が限りなく加わっていない自然から湧き出たお湯と言え、温泉マニアの間では絶大な人気があります。

ランキングを並べ替える→ クチコミ人気順 | 料金が安い順 | 料金が高い順

山口県 萩・長門にある「天然温泉の源泉掛け流しの温泉旅館・宿」の「クチコミ人気ランキング」を最新データからド〜ンとご紹介!今日の1位はどの温泉宿か?

クチコミ人気ランキング 1位

別邸 音信

別邸 音信0(べってい おとずれ)

開湯600年を誇る長門湯本温泉のモダン湯治リゾート

駅や空港などの拠点からは車・電車で1時間以上かかります。やっとたどりついた先にある癒しの地・長門湯本。満天の星空と目に優しい山々の緑。情緒ある音信川沿いに佇む、全18室の静かな宿です。

山口県長門市深川湯本2208

温泉地: 長門湯本温泉

クチコミ点数 4.7 クチコミ件数 17件

1室2名利用時の1泊1名料金 41040円


クチコミ人気ランキング 2位

山口屋別館

山口屋別館0(やまぐちやべっかん)

貸切家族風呂と外湯で温泉三昧!趣きある戸建ての離れもおすすめ

リウマチの名湯として千年の昔から霊泉として栄えてきた俵山温泉。
外湯が主流の中で、当館は内湯を引いた家族風呂でものんびりと温かなお湯を
お楽しみいただけます。秋~冬は山口の味覚フグをどうぞ。

山口県長門市俵山5081-3

温泉地: 俵山温泉

クチコミ点数 4.5 クチコミ件数 19件

1室2名利用時の1泊1名料金 6480円


クチコミ人気ランキング 3位

俵山温泉 保養旅館 京家 

俵山温泉 保養旅館 京家 0(たわらやまおんせん ほようりょかん きょうや)

どこか懐かしい温泉街に心をほぐす手料理。のんびりと湯巡りを。

俵山温泉は外湯のみ。腰痛、神経痛、リューマチなどに大変良くきく温泉です。湯治にはもちろん、観光、レジャーにも便利♪(ゴルフ場8分、釣り30分)素材の旨さを生かした主人自慢の手料理もご堪能下さい。

山口県長門市俵山5140

温泉地: 俵山温泉

クチコミ点数 4 クチコミ件数 5件

1室2名利用時の1泊1名料金 4320円


原田屋旅館

原田屋旅館0(はらだやりょかん)

温かいふるさとの味とおふくろの心でお出迎え。源泉かけ流しの宿

夕食クチコミ評価4.7点!(10年1月現在)木の香漂う和風の老舗。音信川のせせらぎがやすらぎを与える宿です。荒磯の香り高い魚料理や山菜料理をおかみの心のこもった手料理でおもてなしいたします。

山口県長門市深川湯本2269

温泉地: 長門湯本温泉

クチコミ点数 4 クチコミ件数 13件

1室2名利用時の1泊1名料金 8640円


俵山温泉 松屋旅館

俵山温泉 松屋旅館0(たわらやまおんせん まつやりょかん)

“錆びない”温泉?!俵山温泉力の源は【水素】にアリ!新事実です★

■JAL2013年・夏の機内誌に俵山温泉が掲載されました■
温泉教授こと松田先生が「西日本の横綱」と認めた俵山温泉。
バリアフリーで高齢者や障害者の方に優しい造り。
町の湯目の前,白猿の湯までは70m!

長門市俵山5145

温泉地: 俵山温泉

クチコミ件数 0件

1室2名利用時の1泊1名料金 6480円


外湯文化を楽しむ宿 俵山温泉 泉屋旅館

外湯文化を楽しむ宿 俵山温泉 泉屋旅館0(そとゆぶんかをたのしむやど たわらやまおんせん いずみやりょかん)

秘境の温泉。山野草・薬草を使った家庭健康料理で心身リフレッシュ

江戸時代から続く純和風旅館。俵山温泉街の中心部に位置し、外湯めぐりが楽しめます。外湯観光の外国人旅行者の聖書「ロンリープラネット」にも掲載。

山口県長門市俵山5139

温泉地: 俵山温泉

クチコミ点数 3.5 クチコミ件数 6件

1室2名利用時の1泊1名料金 5940円


山口県 目的・こだわりで探す温泉宿・旅館

温泉にこだわる!

食事・料理にこだわる!

お部屋・客室にこだわる!

サービスにこだわる!

施設・設備にこだわる!

ロケーション・場所にこだわる!

子供や赤ちゃんと一緒に楽しむ!


【日本旅行】 お得な宿泊プラン&海外旅行をオンラインでらくらく予約!

都道府県から探す温泉宿・旅館

北海道・東北

関東

甲信越

東海

北陸

近畿

中国

四国

九州・沖縄

帰宅する際、旅館の部屋を出る時に注意することは何?

部屋を出る時に一番注意したいことは、散らかしっぱなしで出ないこと。濡れたバスタオルをベッドやカーペットの上に置いて出てしまったら、シミになるかもしれませんし、カーペットを乾かすにも時間がかかってしまいます。この場合、「濡れたバスタオルはバスタブに入れておく」というのがマナーです。また、浴衣(ゆかた)を着たら、部屋を出る前に一箇所にまとめとくと掃除係の人も助かります。あなたが充実した心地よい旅行ができたのは、旅館や宿のスタッフの人のおかげです。「私は金を払っている客だ。なんでも許されるんだ。」という態度ほどかっこ悪いものはありません。宿のスタッフも含めて、次に使う人のことを考えられる人でいたいものです。