このページをお気に入りに追加

高知県 高知・須崎・南国
チェックアウトが11時以降のレイトチェックアウト対応の温泉旅館・宿
クチコミ人気ランキング

レイトチェックアウトとは、所定の時間よりも遅くホテルをチェックアウトすることです。英語で書くと「late check-out」。レイトチェックアウトのメリットは、朝をゆっくりと過ごせること。仕事をしていると、朝は一番忙しい時間です。でも、旅行の醍醐味の1つとして、「ゆっくりのんびりと過ごす朝」があります!11時以降にチェックアウトできるレイトチェックアウトなら、そんなちょっとしたワガママも可能に!

ランキングを並べ替える→ クチコミ人気順 | 料金が安い順 | 料金が高い順

高知県 高知・須崎・南国にある「チェックアウトが11時以降のレイトチェックアウト対応の温泉旅館・宿」の「クチコミ人気ランキング」を最新データからド〜ンとご紹介!今日の1位はどの温泉宿か?

クチコミ人気ランキング 1位

天然温泉 紺碧の湯 ドーミーイン高知 (2017年12月オープン)

天然温泉 紺碧の湯 ドーミーイン高知 (2017年12月オープン)0(てんねんおんせん あおいのゆ どーみーいんこうち)

中心街で賑わうアーケード内の好立地、天然温泉大浴場完備♪

とさでん交通「蓮池町通り電停」徒歩5分。中心街で賑わうアーケード内の好立地、ひろめ市場も歩いてすぐ♪1階には便利な高知銀行。ご当地メニューを取り入れた約50種類以上の和洋バイキング朝食が自慢♪

高知県高知市帯屋町1丁目9番地12号

温泉地:

クチコミ点数 4.6 クチコミ件数 140件

1室2名利用時の1泊1名料金 3945円


クチコミ人気ランキング 2位

天然温泉(龍馬の湯) スーパーホテル高知天然温泉

天然温泉(龍馬の湯) スーパーホテル高知天然温泉0(すーぱーほてるこうち)

◆2016年6月フルリニューアルオープン◆【全室改修済み!!】

【クチコミ評価4以上★★★★!】【フルリニューアル完了!】日替わりメニューの健康朝食バイキング無料♪◆天然温泉無料♪◆全館Wi-Fi接続可能♪◆高知駅より約5分♪◆チェックアウト手続き不要で楽々♪♪

高知県高知市北本町1ー3-20

温泉地: 天然の湯ながおか温泉

クチコミ点数 4.5 クチコミ件数 67件

1室2名利用時の1泊1名料金 5300円


クチコミ人気ランキング 3位

オーベルジュ土佐山

オーベルジュ土佐山0(おーべるじゅとさやま)

大自然のしたたる緑と澄み渡る流れに抱かれ「何もしないを愉しむ」

喧騒を逃れ高知市内から約30分。自然の恵みに抱かれたオーベルジュ土佐山では、とれたての食材を本格的な和風創作料理に仕立てて至福の味をお楽しみいただけます。また、旅の疲れを癒す土佐山温泉も魅力。

高知県高知市土佐山東川661

温泉地:

クチコミ点数 4.6 クチコミ件数 12件

1室2名利用時の1泊1名料金 19440円


高知城下の天然温泉 三翠園(さんすいえん)

高知城下の天然温泉 三翠園(さんすいえん)0(さんすいえん)

高知初湧出した天然温泉を有する旧土佐藩主山内家ゆかりの宿

昭和24年創業。高知城・日曜市まで徒歩10分。全国旅館100選料理部門に連続入賞し、高知市技能功労賞を最年少で受賞した料理長が創るお料理と天然温泉で真心のおもてなし致します。

高知市鷹匠町1-3-35

温泉地: 高知三翠園温泉

クチコミ点数 3.9 クチコミ件数 87件

1室2名利用時の1泊1名料金 12420円


千年の美湯 そうだ山温泉 和 YAWARAGI

千年の美湯 そうだ山温泉 和 YAWARAGI0(せんねんのびとう そうだやまおんせん やわらぎ)

ICから5分、自然あふれる山に囲まれた一軒宿◆美人の湯でのんびり

PH9.5!自慢の「美人の湯」は、毎日薪(まき)で沸かすこだわり。
湯上りもすべすべと好評の天然温泉をご堪能いただけます♪
自然のなかで過ごす、ゆったりとしたひと時。
人気の離れのご予約はお早めに★

高知県須崎市桑田山乙1122

温泉地: 桑田山温泉

クチコミ点数 4.2 クチコミ件数 33件

1室2名利用時の1泊1名料金 7800円


高知県 目的・こだわりで探す温泉宿・旅館

温泉にこだわる!

食事・料理にこだわる!

お部屋・客室にこだわる!

サービスにこだわる!

施設・設備にこだわる!

ロケーション・場所にこだわる!

子供や赤ちゃんと一緒に楽しむ!


【日本旅行】 お得な宿泊プラン&海外旅行をオンラインでらくらく予約!

都道府県から探す温泉宿・旅館

北海道・東北

関東

甲信越

東海

北陸

近畿

中国

四国

九州・沖縄

帰宅する際、旅館の部屋を出る時に注意することは何?

部屋を出る時に一番注意したいことは、散らかしっぱなしで出ないこと。濡れたバスタオルをベッドやカーペットの上に置いて出てしまったら、シミになるかもしれませんし、カーペットを乾かすにも時間がかかってしまいます。この場合、「濡れたバスタオルはバスタブに入れておく」というのがマナーです。また、浴衣(ゆかた)を着たら、部屋を出る前に一箇所にまとめとくと掃除係の人も助かります。あなたが充実した心地よい旅行ができたのは、旅館や宿のスタッフの人のおかげです。「私は金を払っている客だ。なんでも許されるんだ。」という態度ほどかっこ悪いものはありません。宿のスタッフも含めて、次に使う人のことを考えられる人でいたいものです。