このページをお気に入りに追加

福島県 福島・二本松
ジャグジーがある温泉旅館・宿
クチコミ人気ランキング

ジャグジー設備がある温泉旅館を3つのランキングでご紹介!

ランキングを並べ替える→ クチコミ人気順 | 料金が安い順 | 料金が高い順

福島県 福島・二本松にある「ジャグジーがある温泉旅館・宿」の「クチコミ人気ランキング」を最新データからド〜ンとご紹介!今日の1位はどの温泉宿か?

クチコミ人気ランキング 1位

飯坂ホテル聚楽(じゅらく)

飯坂ホテル聚楽(じゅらく)0(いいざかほてるじゅらく)

★五感で楽しむバイキング★じゃらんアワード『売れた宿大賞』受賞

目の前であがる大迫力の火柱!麺が舞う!常識を超えた実演中心バイキング【ライブキッチン花もも】&ぷちぷちスーパー炭酸泉でウルツヤ肌【ゆらり】&ひとつの施設に泉質の異なる3本の源泉【花ももの湯】

福島県福島市飯坂町字西滝の町27

温泉地: 飯坂温泉

クチコミ点数 4.3 クチコミ件数 279件

1室2名利用時の1泊1名料金 6800円


クチコミ人気ランキング 2位

匠のこころ 吉川屋

匠のこころ 吉川屋0(たくみのこころ よしかわや)

プロが選ぶ日本のホテル旅館100選【総合13位・料理4位】の老舗旅館

天保12年創業。時代の流れと共にお客様のニーズに応えるべく変化しつつも
日本の伝統とおもてなしの心を守り続ける、寛ぎの宿。
大浴場や貸切風呂・足湯など趣の異なる自家源泉の温泉で寛ぐ極上の”湯悦”

福島県福島市飯坂町湯野新湯6

温泉地: 穴原温泉

クチコミ点数 4.2 クチコミ件数 49件

1室2名利用時の1泊1名料金 9720円


クチコミ人気ランキング 3位

福うさぎ

福うさぎ0(ふくうさぎ)

自家源泉・全館畳敷き 山と海のごちそうの宿

全館畳敷きで自家源泉(炭酸水素塩泉・一部源泉掛け流し)を使用した12種のお風呂でのんびり、山と海のお料理をゆっくり、ご宿泊や日帰り等気軽に楽しんで頂くお宿です。全室禁煙(1F・2F喫煙所有)

福島県福島市土湯温泉町字八郎畑3-1

温泉地: 土湯温泉

クチコミ点数 4.1 クチコミ件数 31件

1室2名利用時の1泊1名料金 3240円


祭屋 湯左衛門

祭屋 湯左衛門0(まつりやゆざえもん)

祭り情緒と露天風呂三昧の宿

対岸の山を眺めながらの三種類の露天風呂がお客様からご好評をいただいております。
日常の疲れをのんびりゆったり温泉に入りながら癒してください。

福島県福島市飯坂町字鍋沢4-1

温泉地: 飯坂温泉

クチコミ点数 4 クチコミ件数 20件

1室2名利用時の1泊1名料金 6000円


渓苑 花の瀬

渓苑 花の瀬0(けいえん はなのせ)

渓谷に面した絶景宿。異国浪漫の風に酔いしれるひと時をどうぞ。

全室から大自然の織り成す四季折々の摺上渓谷がお楽しみいただけます。鹿鳴館風の艶やかな気品に彩られた館内は、華やかなご滞在をご演出。お食事は、料理長が腕を揮った旬の山海の品々をお楽しみ下さい☆

福島県福島市飯坂町湯野字新湯7

温泉地: 穴原温泉

クチコミ点数 4.3 クチコミ件数 8件

1室2名利用時の1泊1名料金 10800円


山房 月之瀬

山房 月之瀬0(さんぼう つきのせ)

心尽くしの手作り料理でおもてなし、自然豊かな眺望宿☆

全客室より摺上渓谷が眺望でき、大自然の安らぎを感じられる宿。姉妹館の大浴場や露天風呂も利用できるのも楽しい♪会食膳は料理長が腕を揮い、季節の素材をふんだんに盛り込み手造りで調理しております。

福島県福島市飯坂町北原7

温泉地: 穴原温泉

クチコミ件数 2件

1室2名利用時の1泊1名料金 11880円


飯坂温泉 あづま荘

飯坂温泉 あづま荘0(いいざかおんせん あづまそう)

旬の食材をたっぷり使った和風会席と飯坂の名湯を楽しむ

福島県産の地元素材をふんだんに使った和風会席膳をご提供します。奥飯坂の自然に囲まれた湯の里で、ジェット風呂、泡風呂、サウナを併設した浴場の単純泉の温泉をお楽しみください。

福島県福島市飯坂町字中ノ内1-1

温泉地: 飯坂温泉

クチコミ件数 2件

1室2名利用時の1泊1名料金 10440円


福島県 目的・こだわりで探す温泉宿・旅館

温泉にこだわる!

食事・料理にこだわる!

お部屋・客室にこだわる!

サービスにこだわる!

施設・設備にこだわる!

ロケーション・場所にこだわる!

子供や赤ちゃんと一緒に楽しむ!


【日本旅行】 お得な宿泊プラン&海外旅行をオンラインでらくらく予約!

都道府県から探す温泉宿・旅館

北海道・東北

関東

甲信越

東海

北陸

近畿

中国

四国

九州・沖縄

帰宅する際、旅館の部屋を出る時に注意することは何?

部屋を出る時に一番注意したいことは、散らかしっぱなしで出ないこと。濡れたバスタオルをベッドやカーペットの上に置いて出てしまったら、シミになるかもしれませんし、カーペットを乾かすにも時間がかかってしまいます。この場合、「濡れたバスタオルはバスタブに入れておく」というのがマナーです。また、浴衣(ゆかた)を着たら、部屋を出る前に一箇所にまとめとくと掃除係の人も助かります。あなたが充実した心地よい旅行ができたのは、旅館や宿のスタッフの人のおかげです。「私は金を払っている客だ。なんでも許されるんだ。」という態度ほどかっこ悪いものはありません。宿のスタッフも含めて、次に使う人のことを考えられる人でいたいものです。