長野県 斑尾・飯山・信濃町・黒姫
和室・洋室(和洋室)どちらにも寝泊まりできる温泉旅館・宿
クチコミ人気ランキング

洋室部分にベッドが設置され、和室・洋室部分どちらにも寝泊まりできる客室がある温泉旅館を3つのランキングでご紹介!

ランキングを並べ替える→ クチコミ人気順 | 料金が安い順 | 料金が高い順

長野県 斑尾・飯山・信濃町・黒姫にある「和室・洋室(和洋室)どちらにも寝泊まりできる温泉旅館・宿」の「クチコミ人気ランキング」を最新データからド〜ンとご紹介!今日の1位はどの温泉宿か?

クチコミ人気ランキング 1位

斑尾東急リゾート ホテルタングラム

斑尾東急リゾート ホテルタングラム0(まだらおとうきゅうりぞーと ほてるたんぐらむ)

遊ぶ・泊まる・食べるがひとつになった信州の高原リゾート♪

遊ぶ・泊まる・食べるがひとつになった、ホテル一体型複合リゾート☆
人気のバイキング&全室40平米の広々お部屋が自慢の宿です♪
展望カフェからは北信五岳や野尻湖の美しい景色が
広がります♪♪ 

長野県上水内郡信濃町古海

温泉地: タングラム温泉

クチコミ点数 3.9 クチコミ件数 41件

1室2名利用時の1泊1名料金 5800円


クチコミ人気ランキング 2位

いいやま北竜温泉 文化北竜館

いいやま北竜温泉 文化北竜館0(いいやまほくりゅうおんせん ぶんかほくりゅうかん)

<眺望◎>大展望風呂からは北竜湖や信州の名峰を一望できます

知る人ぞ知る穴場、北竜温泉。玄関先には足湯や、レイクビューの展望風呂・露天風呂を完備。
お食事は信州の食材中心!みゆきポーク、信州味噌、飯山産コシヒカリ(市場には中々出回らない!)などをご用意

長野県飯山市瑞穂7332-2

温泉地:

クチコミ点数 4.8 クチコミ件数 7件

1室2名利用時の1泊1名料金 14000円


クチコミ人気ランキング 3位

タングラム斑尾 バートンホテル

タングラム斑尾 バートンホテル0(たんぐらむまだらお ばーとんほてる)

四季彩る高原ホテル。味覚を愉しみ、温泉露天風呂で癒される時を。

トレッキングなどで爽やかな高原を満喫!客室からは、長野北信五岳の美しい山並みを望み、温泉露天風呂や大浴場に浸かれば、日常の疲れがほぐれてゆく。四季折々の味覚とともに♪

上水内郡信濃町古海花ヶ入

温泉地:

クチコミ件数 1件

1室2名利用時の1泊1名料金 6500円


倉本温泉 ホテルシルクイン斑尾

倉本温泉 ホテルシルクイン斑尾0(くらもとおんせん ほてるしるくいんまだらお)

四季折々の景色を愉しめる洞窟露天風呂が自慢のホテル

トレッキングやサイクリングなど斑尾の自然を感じる旅を♪
露天風呂からは四季の風景、ロビーや客室からは奥信濃の絶景が楽しめます。
斑尾高原スキー場まで徒歩2分の好立地◎

飯山市斑尾高原

温泉地: 倉本温泉

クチコミ点数 3 クチコミ件数 6件

1室2名利用時の1泊1名料金 5400円


ホテル・モンエール斑尾

ホテル・モンエール斑尾0(ほてる もんえーるまだらお)

ゆとりの間取り ゲレンデ0分 斑尾随一の自家源泉 モンエール斑尾

斑尾高原ホテルの関連ホテル【ホテルモンエール斑尾】
リピーター続出!ゆったりとした間取り、美肌と健康の天然温泉、斑尾高原スキー場ゲレンデまで徒歩0分といった好立地で、心ゆくまでお楽しみください

長野県飯山市斑尾高原

温泉地:

クチコミ件数 1件

1室2名利用時の1泊1名料金 6300円


ホテルハーヴェスト斑尾

ホテルハーヴェスト斑尾0(ほてる はーべすと まだらお)

遊ぶ・泊まる・食べるがひとつになった信州の高原リゾート

ホテルタングラムに併設され、より上級のリゾートライフを演出する
ホテルハーヴェスト斑尾。落ち着いた色調で誂えた寛ぎの空間で、
高原リゾートをお楽しみください♪♪

長野県上水内郡信濃町古海

温泉地: タングラム温泉

クチコミ点数 3.9 クチコミ件数 7件

1室2名利用時の1泊1名料金 6800円


長野県 目的・こだわりで探す温泉宿・旅館

温泉にこだわる!

食事・料理にこだわる!

お部屋・客室にこだわる!

サービスにこだわる!

施設・設備にこだわる!

ロケーション・場所にこだわる!

子供や赤ちゃんと一緒に楽しむ!

都道府県から探す温泉宿・旅館

北海道・東北

関東

甲信越

東海

北陸

近畿

中国

四国

九州・沖縄

予想外の渋滞にはまって到着時間が遅れそう・・宿への連絡は必要?

宿泊予約はチェックイン時間を2時間オーバーした場合、宿泊キャンセルしたものとみなされることがあります。そこで、到着が遅れそうなら、今どこにいて、どんな状況なのかを必ず連絡するようにしましょう。交通渋滞などで到着時刻が予想できない場合でも、現地の情報に詳しい旅館のスタッフに相談すれば、目安や抜け道を教えてもらえることもあります。基本的には、どんなに遅くても夕食時までに宿に到着するのが常識です。