家のお風呂を三朝温泉のように吸う温泉にする方法

家のお風呂を三朝温泉のように吸う温泉にする方法

自宅のお風呂を湯気を吸う温泉に

「三朝温泉が呼吸器系に良いことは分かった。でも、遠すぎて鳥取県まで行くことはできない・・・。」

そんな人は自宅のお風呂で三朝温泉の湯気を再現してみてはいかがでしょう。

ここでは三朝温泉と同じくらい喉や鼻といった呼吸器にやさしい湯気を出す方法をご紹介します。

お風呂でたくさんの湯気を出す

熱いシャワーを湯船にはったお湯の上にかけると、お湯の表面からシャワーのお湯が跳ね返ることで大量の湯気が発生します。

この時に発生する湯気で、お風呂の中をできる限り湯気だらけにします。

お風呂に最も多くの湯気を溜めるには、湯船に40度のお湯を半分ほど入れてから、45度のシャワーで残り半分を入れるようにします。

湯船に40度のお湯を半分入れ、45度のシャワーで残り半分を入れる

これで、家のお風呂を湯気だらけにすることができます。

シャワーを入れる時、湯気で視界が悪くなり、シャワーの温度も高いので、転倒や火傷には十分注意しましょう。

食塩水の霧吹きを用意する

三朝温泉の成分は塩化ナトリウム(食塩)の濃度が高くなっています。

つまり、単なる温泉の湯気を吸っているのではなく、食塩水を吸っているような感覚です。

そこで、塩化ナトリウム(食塩)の濃度が高い三朝温泉に近い食塩水を用意して、それを入浴中に吸うことにします。

食塩水の作り方は簡単です。

まず、下記のようなスプレーできる容器を用意します。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 霧吹き 120ml
キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 霧吹き 120ml M-5702
スプレーボトル 90ml
スプレーボトル90ml

そして、食塩を用意して、50ccのお湯に小さじ8分の1(約0.6g)の割合で溶かします。この割合で溶かすと、塩分の濃度が人の涙と同じくらいになります。

塩の種類は特に問いません。なんでもOKです。

この自作した食塩水のスプレーを、湯気だらけにしたお風呂の中で湯船に浸かりながら顔に吹きかけます。

この時、吹きかけたミストはゆっくり鼻から吸うのがポイントです。

鼻と喉(のど)はつながっているので、鼻からノドまでしっかりと行き渡ります。

これで三朝温泉に近い環境が作れ、鼻や喉に潤いを与え、外部から侵入したウィルスや菌を排出してくれます。

また、湯船にマッサージボディーソルトも入れれば、より三朝温泉のお湯に近づくことができますし、美肌にも効果的です。

マッサージボディーソルト
死海の塩
死海の塩 入浴剤・マッサージ ミネラルホワイトデットシー 900g
siobijin(塩美人)
大地真央さんもご愛用マッサージボディーソルト入浴剤『siobijin(塩美人) 200gボトルタイプ(小)』
大地真央さんもご愛用!
天女の華 美容塩
天女の華 美容塩 1000g

最後に、今回のように湯気や食塩水を自作しなくても、三朝温泉の源泉を100%使用したナチュラルスパウォーター「三朝みすと」も市販されているので、三朝温泉の効果効能に興味のある人は試してみるといいでしょう。

呼吸器に優しい「吸う温泉」を満喫できる!
鳥取県・三朝温泉のオススメ宿

旅館大橋

三朝川沿いに120メートルに佇む国登録有形文化財指定旅館。5箇所の自家源泉を持ち、内3箇所が自噴泉の完全掛け流しの湯を堪能できる。

三朝温泉 依山楼岩崎

三朝川沿いの広大な敷地に建つ宿。窓からは三朝川の清流や河原風呂、緑潤う回遊式日本庭園が楽しめます。天然ラジウム温泉が贅沢な源泉かけ流し。

三朝ロイヤルホテル

三朝川の清流沿いの緑に囲まれた静かな環境。ラジウム温泉の効果を高めるために、ラジウムラドン・ミストハウスをオープン。

藍の宿 木屋旅館

明治元年創業の「国の有形文化財」に指定された宿。「穴ぐらの湯」はミストサウナ状にした部屋で湯気を吸う温泉。

三朝温泉 三朝のお宿 斉木別館

明治10年創業の山陰の美しい山並みを背にし、日本庭園を囲んだ静かな佇まいの温泉宿。

三朝薬師の湯 万翆楼

の正面に位置する旅館。間の治癒力を最大に引き出す効果があると言われているラジウム泉が一体となった大浴場「お薬師さま乃湯」は情緒的。

温泉を予約するならじゃらんでネット予約するとお特に宿泊できますよ!