炭酸のような泡が出る温泉、炭酸泉の効能とは?

炭酸のような泡が出る温泉、炭酸泉の効能とは?

炭酸泉とは、まるで炭酸水のお湯に入っているかのように身体に泡の気泡がたくさんつがつく温泉のことです。

炭酸泉とは

専門的に説明すると、炭酸泉とは地中に溜まった二酸化炭素いわゆる炭酸ガスが、地層の圧力により水に溶け込んでできた温泉です。

炭酸泉ができる過程

一般的に、炭酸の濃度が250ppm以上の温泉が炭酸泉と呼ばれています。

ちなみに、サイダーやコーラといった炭酸飲料の炭酸濃度は3000ppmほどです。

日本で一番有名な炭酸泉の温泉地は大分県の長湯温泉です。

長湯温泉は1000ppmを超える温泉がいくつもある世界屈指の炭酸泉です。

炭酸泉の効能

炭酸泉に連浴すると、血管の弾力性が改善するという結果が出ています。

そのため、日本一の炭酸泉が湧き出る長湯温泉近くの病院の中には、生活習慣病の一般的な治療に加えて、炭酸泉を使った治療を指導している病院もあるくらいです。

その先生が言うには、炭酸泉に繰り返し入ることで、血管の弾力性が増し、動脈硬化の予防につながるということです。

炭酸泉に繰り返し入る → 血管の弾力性が増す → 動脈硬化の予防につながる

実際、15人の健康な男女を対象に行った血管の弾力性を見る検査でも、2日に1度の頻度で長湯温泉に入ると、1ヶ月間で徐々に血管が柔らかくなったという結果が出たそうです。

炭酸泉と動脈硬化の予防の関係についてもっと知りたい人は、「なぜ炭酸泉の温泉が動脈硬化の予防に効果があるのか?」をご覧ください。

日本一の炭酸泉を満喫できる!
大分県・長湯温泉のオススメ宿

御宿 友喜美荘

敷地内に単独で源泉を有し、泉質は炭酸泉。少しさらりとした肌触りで、湯上がり後の心地よさが自慢。「美肌の湯」と呼ばれる温泉に必須の「メタケイ酸」が平均値の約5倍ほど含まれています。

丸長旅館

日本一の炭酸泉で知られる長湯温泉の中でも、格別高濃度の炭酸がふくまれているお風呂。

宿房 翡翠之庄

3万坪の敷地にすべて意匠の違う離れが点在。炭酸水素塩泉の源泉100%かけ流し。エノハ・手作り燻製など個性あふれる料理でおもてなし。

長湯温泉 かじか庵

温泉は完全自噴源泉の24時間掛け流し。岩盤浴では、麦飯石から出るラジウムが身体の健康改善をするホルミシス効果があると評価されています。じっくりと汗を出して、炭酸泉でさっぱりすると身体も心もリフレッシュができますよ。

長湯温泉 上野屋旅館

飲んで良し、浸かって良しの自慢の温泉。お湯は高濃度の炭酸ガスを含む。

長湯温泉 豊泉荘

水源も独自の豊泉荘は、料理やお茶も本当に美味しいと評判!水を持ち帰るお客様も。温泉は24時間OK!新館は離れ風な和室。目の前を流れる芹川河畔の露天風呂は最高ですよ〜!

炭酸泉の温泉は日本全国にあります。
ただ、長湯温泉が日本一の炭酸泉温泉地ということです。長湯温泉まで行けない人は、お近くの炭酸泉温泉宿を探しましょう!

じゃらん検索窓に「炭酸泉」と入力して検索すれば、全国の炭酸泉を満喫できる温泉宿が表示されますよ!