動脈硬化とは血管内の血液の通り道が狭くなる病気

動脈硬化とは血管が硬くなり、血液の通り道が狭くなる病気

正常な血管と動脈硬化が進んだ血管

動脈硬化とは、文字通り「動脈」が「硬化」すること。つまり、血管が硬くなってしまった状態のことを言います。

血管は若い頃には新しいゴムホースのように柔らかくしなやかです。

しかし、血管の壁は年齢と共に徐々に柔軟性を失い、硬くなっていきます。

血管が硬くなってしまう原因は加齢だけではありません。

タバコ(喫煙)や脂っこい食事、運動不足などの悪い生活習慣が長年積み重なると、血管の内側にコレステロールが溜まっていき、どんどんと血液の通り道が狭くなってしまいます。

この血液の通り道が狭くなってしまう状態こそが、まさに動脈硬化です。

動脈硬化が進むと、血管の弾力性は失われ、若い頃は柔らかくしなやかだったゴムホースが、古く硬いゴムホースのように変化するように、血管が硬くなってしまいます。

そして、動脈硬化によってどんどん血液の通り道が狭くなり、周りをコレステロールに被われしまうと、狭くなった血管に血の塊が詰まり、心筋梗塞や脳梗塞といった死に直結する病を発症してしまうこともあるのです。

動脈硬化はこのように非常に危険な病気です。だからこそ、早めの予防が必要になります。

この動脈硬化の予防に効果があるのが、炭酸泉を泉質に持つ温泉です。

日本一の炭酸泉を満喫できる!
大分県・長湯温泉のオススメ宿

御宿 友喜美荘

敷地内に単独で源泉を有し、泉質は炭酸泉。少しさらりとした肌触りで、湯上がり後の心地よさが自慢。「美肌の湯」と呼ばれる温泉に必須の「メタケイ酸」が平均値の約5倍ほど含まれています。

丸長旅館

日本一の炭酸泉で知られる長湯温泉の中でも、格別高濃度の炭酸がふくまれているお風呂。

宿房 翡翠之庄

3万坪の敷地にすべて意匠の違う離れが点在。炭酸水素塩泉の源泉100%かけ流し。エノハ・手作り燻製など個性あふれる料理でおもてなし。

長湯温泉 かじか庵

温泉は完全自噴源泉の24時間掛け流し。岩盤浴では、麦飯石から出るラジウムが身体の健康改善をするホルミシス効果があると評価されています。じっくりと汗を出して、炭酸泉でさっぱりすると身体も心もリフレッシュができますよ。

長湯温泉 上野屋旅館

飲んで良し、浸かって良しの自慢の温泉。お湯は高濃度の炭酸ガスを含む。

長湯温泉 豊泉荘

水源も独自の豊泉荘は、料理やお茶も本当に美味しいと評判!水を持ち帰るお客様も。温泉は24時間OK!新館は離れ風な和室。目の前を流れる芹川河畔の露天風呂は最高ですよ〜!

炭酸泉の温泉は日本全国にあります。
ただ、長湯温泉が日本一の炭酸泉温泉地ということです。長湯温泉まで行けない人は、お近くの炭酸泉温泉宿を探しましょう!

じゃらん検索窓に「炭酸泉」と入力して検索すれば、全国の炭酸泉を満喫できる温泉宿が表示されますよ!