このページをお気に入りに追加

岩手県 安比・八幡平・二戸
離れ・特別室・スイートルームがある温泉旅館・宿
クチコミ人気ランキング

温泉宿や旅館の中には、宿主の思いを込めてこだわり抜いた「特別室」を用意している宿があります。特別室はお部屋に露天風呂があったり、窓から見える景色が絶景だったりするので、宿泊料金は多少アップしてしまいますが、記念日などに泊まりたいお部屋です。宿主にとって特別室にお泊まり頂いたお客様は特別です。極上のサービスを受けたい人にオススメのお部屋、それが「特別室」です。

ランキングを並べ替える→ クチコミ人気順 | 料金が安い順 | 料金が高い順

岩手県 安比・八幡平・二戸にある「離れ・特別室・スイートルームがある温泉旅館・宿」の「クチコミ人気ランキング」を最新データからド〜ンとご紹介!今日の1位はどの温泉宿か?

クチコミ人気ランキング 1位

安比八幡平の食の宿 四季館 彩冬

安比八幡平の食の宿 四季館 彩冬0(あっぴはちまんたいのしょくのやど しきかん さいとう)

夜は贅沢な懐石膳、朝は素朴な田舎飯。安比八幡平の森に佇む旅籠

館内には道草スポットがいっぱい!特選前沢牛をメインとした完成度の高い夕食と手作りバイキングの朝食は旅のよろこび。スタッフの優しい対応も嬉しい、美食の旅籠がここにある。温泉露天風呂付客室もあり!

岩手県八幡平市赤坂田254-9

温泉地: 八幡平温泉(岩手)

クチコミ点数 4.9 クチコミ件数 86件

1室2名利用時の1泊1名料金 12500円


クチコミ人気ランキング 2位

八幡平ハイツ

八幡平ハイツ0(はちまんたいはいつ)

天然温泉癒しの湯と料理自慢の宿

星もしあわせも、降る森で。stay smile、Hachimantai
北東北でもっとも星に近い空ともいわれる八幡平。大自然のなか、広大でプライベートな森を舞台に普段着のほどよい贅沢を楽しむ高原リゾートです

岩手県八幡平市松尾寄木1-590-4

温泉地: 東八幡平温泉 (八幡平)

クチコミ点数 4.4 クチコミ件数 82件

1室2名利用時の1泊1名料金 21500円


クチコミ人気ランキング 3位

塩の湯 笑顔で若返る 新安比温泉 静流閣

塩の湯 笑顔で若返る 新安比温泉 静流閣0(しおのゆ えがおでわかがえる しんあっぴおんせん せいりゅうかく)

お風呂の口コミ4.5♪効能豊かな淡黄褐色の強塩泉!温泉自慢の宿

日本でも非常に珍しい強塩泉は効能抜群の天然温泉。その濃度は海水の約2倍以上!保温効果抜群、この泉質目当てに遠方より訪れる方も多数!「森の露天」リニューアルオープン☆快適な湯あみをどうぞ♪

岩手県八幡平市叺田43-1

温泉地: 新安比温泉

クチコミ点数 4.1 クチコミ件数 65件

1室2名利用時の1泊1名料金 12960円


天然温泉の宿 安暖庭(アンダンテ)

天然温泉の宿 安暖庭(アンダンテ)0(てんねんおんせんのやど あんだんて)

料理・新鮮温泉と癒しの宿

八幡平の自然と料理の宿、岩手ブランド「前沢牛」・「四大豚」など旬の地元素材、自家栽培粉の手打ち蕎麦・手作り豆腐・果実酒。毎朝入れ替えの掛け流しの温泉はいつでも入浴可。

岩手県八幡平市松尾寄木1-590-339(八幡平温泉郷)

温泉地: 東八幡平温泉 (八幡平)

クチコミ点数 4.8 クチコミ件数 8件

1室2名利用時の1泊1名料金 8500円


八幡平マウンテンホテル(旧八幡平リゾートホテル)

八幡平マウンテンホテル(旧八幡平リゾートホテル)0(はちまんたいまうんてんほてる きゅうはちまんたいりぞーとほてる)

2つの日本百名山を望みゆったりと時が流れる極上のリゾートホテル

2017年9月5日「八幡平マウンテンホテル」に改称し、
通年・滞在型リゾートホテルとしてリブランドオープン!
八幡平の山並みを望む絶好のロケーションと
あたたかなおもてなしで皆様をお迎えします。

岩手県八幡平市松尾寄木第1地割509-1

温泉地: 東八幡平温泉 (八幡平)

クチコミ点数 3.8 クチコミ件数 21件

1室2名利用時の1泊1名料金 9720円


岩手県 目的・こだわりで探す温泉宿・旅館

温泉にこだわる!

食事・料理にこだわる!

お部屋・客室にこだわる!

サービスにこだわる!

施設・設備にこだわる!

ロケーション・場所にこだわる!

子供や赤ちゃんと一緒に楽しむ!


【日本旅行】 お得な宿泊プラン&海外旅行をオンラインでらくらく予約!

都道府県から探す温泉宿・旅館

北海道・東北

関東

甲信越

東海

北陸

近畿

中国

四国

九州・沖縄

帰宅する際、旅館の部屋を出る時に注意することは何?

部屋を出る時に一番注意したいことは、散らかしっぱなしで出ないこと。濡れたバスタオルをベッドやカーペットの上に置いて出てしまったら、シミになるかもしれませんし、カーペットを乾かすにも時間がかかってしまいます。この場合、「濡れたバスタオルはバスタブに入れておく」というのがマナーです。また、浴衣(ゆかた)を着たら、部屋を出る前に一箇所にまとめとくと掃除係の人も助かります。あなたが充実した心地よい旅行ができたのは、旅館や宿のスタッフの人のおかげです。「私は金を払っている客だ。なんでも許されるんだ。」という態度ほどかっこ悪いものはありません。宿のスタッフも含めて、次に使う人のことを考えられる人でいたいものです。