お部屋に露天風呂が付いている温泉旅館・宿の写真

大分県 日田・天ヶ瀬・耶馬渓
お部屋に露天風呂が付いている温泉旅館・宿
クチコミ人気ランキング

大切な人と一緒に温泉に行っても、お風呂が別々だったらその時間は別々に過ごすことに・・・。そんなつまらない時間を過ごさないためにも、お部屋にお風呂が付いている露天風呂付き客室(お部屋露天)を選ぶことは必須です!しかも、朝から晩まで好きな時に混浴を楽しめます!カップルに大人気のお部屋露天を「くちこみ」「価格が安い」「高級」の3つのランキングでご紹介!

ランキングを並べ替える→ クチコミ人気順 | 料金が安い順 | 料金が高い順

大分県 日田・天ヶ瀬・耶馬渓にある「お部屋に露天風呂が付いている温泉旅館・宿」の「クチコミ人気ランキング」を最新データからド〜ンとご紹介!今日の1位はどの温泉宿か?

クチコミ人気ランキング 1位

奥日田温泉 うめひびき

奥日田温泉 うめひびき0(おくひたおんせん うめひびき)

ミシュラン最高位の評価獲得★2017年11月グランドオープン!

天領日田の奥座敷にある『 奥日田温泉 うめひびき 』
雄大な響渓谷に抱かれ、九州屈指の梅の郷にある温泉旅館です。
「凜として 愛らしく」をコンセプトに、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

日田市大山町西大山4587

温泉地: 梅の香温泉

クチコミ点数 4.9 クチコミ件数 87件

1室2名利用時の1泊1名料金 14742円


クチコミ人気ランキング 2位

山荘 天水

山荘 天水0(さんそうてんすい)

『この旅はお客様にとって大切な旅』、私共はそう考えております。

天領日田の奥座敷、天ケ瀬温泉の山間に佇む一軒宿。広大な敷地に広がる自然の中で時間を忘れただただ【湯、香、食、和、癒】を味わう。それが天水での過ごし方です。 

大分県日田市天瀬町桜竹601

温泉地: 天ヶ瀬温泉

クチコミ点数 4.7 クチコミ件数 24件

1室2名利用時の1泊1名料金 27000円


クチコミ人気ランキング 3位

水郷日田の絶景宿 ひなの里 山陽館

水郷日田の絶景宿 ひなの里 山陽館0(すいごうひたのぜっけいやど ひなのさと さんようかん)

★12周年感謝祭☆3月ひな祭りシーズンのお得クーポン&プラン有!

ひなの里12周年の感謝の気持ちを込めて♪最大5500円割引クーポン★全日程利用可能な1200円割引クーポン★3月限定食事『ひなこ~す』を♪★その他お得情報がたくさん掲載中!!詳しくはプラン・クーポンへ♪

大分県日田市隈1-3-8

温泉地: 日田温泉

クチコミ点数 4.3 クチコミ件数 74件

1室2名利用時の1泊1名料金 12960円


旅籠 かやうさぎ

旅籠 かやうさぎ0(はたごかやうさぎ)

ふと思い出す懐かしい景色と故郷の味。源泉の湯に浸る大人の休日を

甦る古きよき時代.
天領の街日田の奥座敷きにひっそりと佇む大正浪漫の郷.
日本人がこよなく愛する和の空間といいものをさりげなく.
高い評価を頂く"食"で一層滞在を印象的なものへと導きます.

 

大分県日田市琴平町1529-1

温泉地: 日田温泉

クチコミ点数 4.9 クチコミ件数 7件

1室2名利用時の1泊1名料金 16890円


浮羽別館  新紫陽

浮羽別館  新紫陽0(うきはべっかんしんしよう)

源泉かけ流しの良質の温泉と本物の日本料理。新紫陽はお約束します

温泉街を一望できる高台に佇む新紫陽。客室は全室リバービュー。大湯殿、展望風呂、屋外の「森の露天風呂」には4箇所、計8つの温泉は天ヶ瀬でも随一。湯めぐりを愉しんだ後は、日本料理を心ゆくまで。

大分県日田市天瀬町桜竹357

温泉地: 天ヶ瀬温泉

クチコミ点数 4.3 クチコミ件数 25件

1室2名利用時の1泊1名料金 17280円


貸別荘 柊

貸別荘 柊0(かしべっそう ひいらぎ)

露天・内風呂付き貸別荘 いつでもお好みの温度で入浴可能

「別荘+温泉+α=貸別荘 柊」

天ヶ瀬温泉から5分ほどの山間に佇むログハウス。
各棟に専用の露天風呂と内湯があり、いつでも温泉三昧。
食器類、調理器具等も充実し、食材だけでお気軽にどうぞ♪

日田市天ヶ瀬町本城1225-1

温泉地: 天ヶ瀬温泉

クチコミ件数 2件

1室2名利用時の1泊1名料金 2700円


大分県 目的・こだわりで探す温泉宿・旅館

温泉にこだわる!

食事・料理にこだわる!

お部屋・客室にこだわる!

サービスにこだわる!

施設・設備にこだわる!

ロケーション・場所にこだわる!

子供や赤ちゃんと一緒に楽しむ!

都道府県から探す温泉宿・旅館

北海道・東北

関東

甲信越

東海

北陸

近畿

中国

四国

九州・沖縄

大浴場に入る時のマナーを教えて!

まず、一番ダメなのがタオルや手ぬぐいを湯船(お風呂)の中に入れること。というのも、使用後のタオルには石けんの雑菌がついていたり、新品のタオルも糊(ノリ)で加工されている場合があり、お湯を汚す原因にもなるからです。また、髪の長い人は髪の毛が湯船に入らないように、ピンで束ねて入浴するようにしましょう。使い終わった桶(おけ)は伏せて水を切っておけば、次の人が気持ちよく使うことができます。入浴後のマナーとしては、脱衣場に戻る前にしっかりと体を拭きましょう。じゃないと、脱衣場の床がびちょびちょに濡れてしまします。後から大浴場に入る人のことも忘れずに!