このページをお気に入りに追加

山口県 山口・秋芳
天然温泉の源泉掛け流しの温泉旅館・宿
クチコミ人気ランキング

温泉における「源泉(げんせん)」とは、「地中から温泉が湧き出てくる場所」のことです。「泉(いずみ)」の「源(みなもと)」と書くように、水が湧き出る様子から転じて様々な意味が生じます。たとえば、考えが発生する源として「アイデアの源泉」、金銭が発生する源として「源泉徴収」など。

ランキングを並べ替える→ クチコミ人気順 | 料金が安い順 | 料金が高い順

山口県 山口・秋芳にある「天然温泉の源泉掛け流しの温泉旅館・宿」の「クチコミ人気ランキング」を最新データからド〜ンとご紹介!今日の1位はどの温泉宿か?

クチコミ人気ランキング 1位

湯田温泉 ユウベルホテル松政

湯田温泉 ユウベルホテル松政0(ゆだおんせん ゆうべるほてるまつまさ)

2016年リニューアル♪超新鮮ふぐ&源泉かけ流し露天風呂あります♪

山頭火ゆかりの公衆浴場「千人湯」の名を継承し、強アルカリ性のしっとりとした源泉100%掛流しの露天風呂が好評です。皆様からの口コミによるサービス評価も高く、時代にあったここちよさを感じられます。

山口県山口市湯田温泉3丁目5-8

温泉地: 湯田温泉

クチコミ点数 4.3 クチコミ件数 92件

1室2名利用時の1泊1名料金 6160円


クチコミ人気ランキング 2位

やまぐち・湯田温泉 古稀庵

やまぐち・湯田温泉 古稀庵0(やまぐち・ゆだおんせん こきあん)

全客室に源泉100%掛け流しの露天風呂を備えた和モダンの宿

庭木に囲まれた源泉掛け流しの露天風呂とテラス。街なかにいるのを忘れてしまう、山荘のような造り。何もしないでいることが、ふしぎと心地いい。普段着のままでいられる至福の隠れ家。

山口県山口市湯田温泉2-7-1

温泉地: 湯田温泉

クチコミ点数 4.8 クチコミ件数 22件

1室2名利用時の1泊1名料金 28080円


クチコミ人気ランキング 3位

湯の宿味の宿 梅乃屋

湯の宿味の宿 梅乃屋0(ゆのやどあじのやど うめのや)

口コミ料理4.6、繊細に手作りされた料理・自家源泉の宿

料理評価5つ星!自家源泉100%掛け流しの露天風呂、野菜ソムリエの女将・板長が厳選したこだわり食材をとりいれた素材重視手作り料理が大好評(口コミ4.6点)料理自慢&湯自慢の宿です。部屋にてWI-Fi可

山口県山口市湯田温泉4-3-19

温泉地: 湯田温泉

クチコミ点数 4.3 クチコミ件数 60件

1室2名利用時の1泊1名料金 6480円


ホテルニュータナカ

ホテルニュータナカ0(ほてるにゅーたなか)

地上38Mの「屋上庭園露天風呂」と、地下の源泉かけ流し温泉

県内随一の設備を誇るホテル 全室セミダブルベット 地上38Mの屋上庭園露天風呂「月下の湯」 地下温泉「秋芳」 駐車料金無料 和洋レストラン2店舗 フィットネスジムも完備 コンビニまで徒歩1分

山口市湯田温泉2-6-24

温泉地: 湯田温泉

クチコミ点数 4.1 クチコミ件数 68件

1室2名利用時の1泊1名料金 5330円


維新志士ゆかりの宿 松田屋ホテル

維新志士ゆかりの宿 松田屋ホテル0(いしんししゆかりのやど まつだやほてる)

維新志士も集いし創業340年の歴史を受け継ぐ宿 ~5つ星認定宿~

坂本竜馬や高杉晋作など幕末の維新志士達が集った松田屋には明治維新の史跡が多数現存しております。回遊式日本庭園や源泉掛け流し温泉とともに、歴史に想いを馳せながらゆっくりお過ごし下さい。

山口市湯田温泉3-6-7

温泉地: 湯田温泉

クチコミ点数 4.3 クチコミ件数 27件

1室2名利用時の1泊1名料金 13824円


名勝 山水園

名勝 山水園0(めいしょう さんすいえん)

『国登録有形文化財の宿』でゆったりと流れる時に身をゆだねる。

国登録記念物の広大な庭園で森林浴を楽しみ源泉100%の上質の温泉にひたり部屋毎に趣を変えた客室では季節の野菜旬の料理をお楽しみください。

山口県山口市緑町4―60

温泉地: 湯田温泉

クチコミ点数 4.2 クチコミ件数 8件

1室2名利用時の1泊1名料金 17280円


山口県 目的・こだわりで探す温泉宿・旅館

温泉にこだわる!

食事・料理にこだわる!

お部屋・客室にこだわる!

サービスにこだわる!

施設・設備にこだわる!

ロケーション・場所にこだわる!

子供や赤ちゃんと一緒に楽しむ!


【日本旅行】 お得な宿泊プラン&海外旅行をオンラインでらくらく予約!

都道府県から探す温泉宿・旅館

北海道・東北

関東

甲信越

東海

北陸

近畿

中国

四国

九州・沖縄

帰宅する際、旅館の部屋を出る時に注意することは何?

部屋を出る時に一番注意したいことは、散らかしっぱなしで出ないこと。濡れたバスタオルをベッドやカーペットの上に置いて出てしまったら、シミになるかもしれませんし、カーペットを乾かすにも時間がかかってしまいます。この場合、「濡れたバスタオルはバスタブに入れておく」というのがマナーです。また、浴衣(ゆかた)を着たら、部屋を出る前に一箇所にまとめとくと掃除係の人も助かります。あなたが充実した心地よい旅行ができたのは、旅館や宿のスタッフの人のおかげです。「私は金を払っている客だ。なんでも許されるんだ。」という態度ほどかっこ悪いものはありません。宿のスタッフも含めて、次に使う人のことを考えられる人でいたいものです。