このページをお気に入りに追加

富山県 富山
和室・洋室(和洋室)どちらにも寝泊まりできる温泉旅館・宿
クチコミ人気ランキング

洋室部分にベッドが設置され、和室・洋室部分どちらにも寝泊まりできる客室がある温泉旅館を3つのランキングでご紹介!

ランキングを並べ替える→ クチコミ人気順 | 料金が安い順 | 料金が高い順

富山県 富山にある「和室・洋室(和洋室)どちらにも寝泊まりできる温泉旅館・宿」の「クチコミ人気ランキング」を最新データからド〜ンとご紹介!今日の1位はどの温泉宿か?

クチコミ人気ランキング 1位

ホテル森の風立山

ホテル森の風立山0(ほてるもりのかぜたてやま)

立山黒部アルペン ルート観光にも最適◎!富山の旬を彩る温泉宿

他では味わえない、本格フレンチと和会席の融合"創作和食"は富山の旬のを存分に満喫。露天風呂付き客室"立山別邸 四季彩"は日常を離れた贅沢空間をご提供いたします。【日本のホテル・旅館100選】選出宿!

富山県富山市原3-6

温泉地: 粟巣野温泉

クチコミ点数 4.4 クチコミ件数 48件

1室2名利用時の1泊1名料金 16200円


クチコミ人気ランキング 2位

リバーリトリート雅樂倶

リバーリトリート雅樂倶0(りばーりとりーとがらく)

河畔に佇むリトリート(隠れ家)、自然とアートに包まれる時間を

館内の300数点のアート、美しい景色、料理を愉しむ心の休息。ミシュランガイド2016 富山・石川版で「最上級の快適」を表す「4レッドパビリオン」の評価を獲得いたしました。

富山県富山市春日56-2

温泉地: 春日温泉

クチコミ点数 5 クチコミ件数 13件

1室2名利用時の1泊1名料金 10000円


クチコミ人気ランキング 3位

立山国際ホテル

立山国際ホテル0(たてやまこくさいほてる)

アルペンルートから立山山麓の森へチェックイン!

アルペンルートの富山側玄関口まで7分!!に位置する三角屋根の白亜なおしゃれなホテル。「美人の湯」として有名な立山山麓温泉も堪能しよう。

富山県富山市原45

温泉地: 立山山麓温泉

クチコミ点数 4.2 クチコミ件数 16件

1室2名利用時の1泊1名料金 9720円


かんぽの宿 富山

かんぽの宿 富山0(かんぽのやどとやま)

立山連峰の眺望 日本海の幸を味わう温泉ホテル

立山連峰や富山平野が一望できる展望大浴場からの眺め、キトキトの海の幸が自慢の宿。「おわら風の盆」で有名な八尾、黒部峡谷、開町400年の高岡など富山の観光拠点としても便利です。

富山県富山市婦中町羽根5691-2

温泉地:

クチコミ点数 4.2 クチコミ件数 19件

1室2名利用時の1泊1名料金 12350円


ロッジ太郎

ロッジ太郎0(ろっじたろう)

立山連峰の麓、ウインタースポーツや登山等、アウトドア拠点

家庭的な雰囲気とボリュームを考えたお食事がモットー。「美人の湯」と呼ばれる温泉を楽しんだら、素晴らしい展望のスカイラウンジでゆっくりとお食事を。1階の喫茶コーナーも充実しています。

富山県富山市原11―1

温泉地: 立山山麓温泉

クチコミ件数 0件

1室2名利用時の1泊1名料金 10800円


山田温泉 玄猿楼

山田温泉 玄猿楼0(やまだおんせん げんえんろう)

清流を眺める開湯1300年の秘湯「山田温泉」と美味しい富山の味の宿

富山空港よりお車で20分、おわら風の盆の街八尾よりお車で10分の山里に流れる清流山田川。川沿いに湧き出るお湯は開湯1300年、湯治場としても栄えた由緒ある温泉。富山の海山の幸を丸ごとお楽しみください。

富山県富山市山田湯1017

温泉地: 山田温泉

クチコミ件数 4件

1室2名利用時の1泊1名料金 12744円


びんてるめいけん

びんてるめいけん0(びんてるめいけん)

立山山麓温泉のとろりとした湯の露天風呂と囲炉裏のある宿

立山駅まで車で5分!アルペンルートの拠点として大変便利。スノーシーズンにはすぐ目の前のゲレンデでウィンタースポーツをたっぷりと楽しめる。とろりとした温泉で楽しむ露天風呂が大好評。

富山県富山市本宮3番地

温泉地: 立山山麓温泉

クチコミ件数 0件

1室2名利用時の1泊1名料金 12960円


富山県 目的・こだわりで探す温泉宿・旅館

温泉にこだわる!

食事・料理にこだわる!

お部屋・客室にこだわる!

サービスにこだわる!

施設・設備にこだわる!

ロケーション・場所にこだわる!

子供や赤ちゃんと一緒に楽しむ!


【日本旅行】 お得な宿泊プラン&海外旅行をオンラインでらくらく予約!

都道府県から探す温泉宿・旅館

北海道・東北

関東

甲信越

東海

北陸

近畿

中国

四国

九州・沖縄

帰宅する際、旅館の部屋を出る時に注意することは何?

部屋を出る時に一番注意したいことは、散らかしっぱなしで出ないこと。濡れたバスタオルをベッドやカーペットの上に置いて出てしまったら、シミになるかもしれませんし、カーペットを乾かすにも時間がかかってしまいます。この場合、「濡れたバスタオルはバスタブに入れておく」というのがマナーです。また、浴衣(ゆかた)を着たら、部屋を出る前に一箇所にまとめとくと掃除係の人も助かります。あなたが充実した心地よい旅行ができたのは、旅館や宿のスタッフの人のおかげです。「私は金を払っている客だ。なんでも許されるんだ。」という態度ほどかっこ悪いものはありません。宿のスタッフも含めて、次に使う人のことを考えられる人でいたいものです。