岩手県 盛岡
宴会場がある温泉旅館・宿
クチコミ人気ランキング

施設内に宴会場がある温泉旅館を3つのランキングでご紹介!

ランキングを並べ替える→ クチコミ人気順 | 料金が安い順 | 料金が高い順

岩手県 盛岡にある「宴会場がある温泉旅館・宿」の「クチコミ人気ランキング」を最新データからド〜ンとご紹介!今日の1位はどの温泉宿か?

クチコミ人気ランキング 1位

盛岡つなぎ温泉 ホテル紫苑

盛岡つなぎ温泉 ホテル紫苑0(もりおかつなぎおんせん ほてるしおん)

「全室がレイクビュー」 美しい湖と岩手山を眺める特等席へご案内

源泉掛け流し「南部曲り家の湯」、御所湖の絶景を望む「ひとりじめの湯」眺望と温泉自慢の宿。ご夕食は地産の旬を贅沢に味わえる会席をご用意。盛岡駅から無料シャトルバス【要予約】もあり楽らくアクセス!

岩手県盛岡市繋湯ノ館74-2

温泉地: 繋温泉

クチコミ点数 4.2 クチコミ件数 69件

1室2名利用時の1泊1名料金 7540円


クチコミ人気ランキング 2位

つなぎ温泉 湯守 ホテル大観

つなぎ温泉 湯守 ホテル大観0(つなぎおんせん ゆもり ほてるたいかん)

「5つ星の宿」認定◆源泉100%かけ流し・観光アクセス良好の人気宿

盛岡市内からお車で約30分!
自慢の温泉は毎分700リットルの豊富な湧出量、直径25mの大浴場は北東北最大級!
全9室の露天風呂付客室棟【別邸うらら】では極上のプライベート空間をご体感いただけます。

岩手県盛岡市繋字湯ノ館37-1

温泉地: 繋温泉

クチコミ点数 4 クチコミ件数 117件

1室2名利用時の1泊1名料金 7560円


クチコミ人気ランキング 3位

四季亭

四季亭0(しきてい)

大切な人と訪れたい数寄屋造りの宿。季を彩る懐石料理も逸品揃い

つなぎ温泉の一番奥に位置する数寄屋造りの純和風旅館。 全22室のこじんまりした静かで落ち着いた宿です。旬の素材、土地の恵みを盛り込んだ月替りの会席料理・肌に優しい温泉をお楽しみ下さい。

岩手県盛岡市繋字湯の館137

温泉地: 繋温泉

クチコミ点数 4.4 クチコミ件数 19件

1室2名利用時の1泊1名料金 9720円


盛岡つなぎ温泉 愛真館

盛岡つなぎ温泉 愛真館0(もりおかつなぎおんせん あいしんかん)

お風呂のはしごもいいもんだ♪豊富な温泉と多種多様なお風呂が人気

18諏の湯殿で湯めぐりを満喫♪盛岡の奥座敷にある老舗宿。姉妹館「ホテル紫苑」の湯めぐりも無料で楽しめます♪JR盛岡駅からは全3便の無料シャトルバス運行中【要予約】観光やビジネスにも便利でお得!

盛岡市つなぎ字塗沢40-4

温泉地: 繋温泉

クチコミ点数 3.9 クチコミ件数 91件

1室2名利用時の1泊1名料金 6372円


菅旅舘

菅旅舘0(かんりょかん)

源泉かけ流しの小さな温泉宿☆ いつでも入れる★ 自慢の泉質♪

ぬくもりの感じられる木造の宿。和室の畳でのんびりと!
温泉は体に優しい自慢の泉質。滞在時間中いつでも入浴できます。
朝食は地元の野菜をたっぷり使ったサラダや県産ヨーグルトも付いた和定食☆

岩手県盛岡市繋字塗沢34番地

温泉地: 繋温泉

クチコミ点数 4.8 クチコミ件数 42件

1室2名利用時の1泊1名料金 3425円


温泉民宿 山新

温泉民宿 山新0(おんせんみんしゅく やましん)

小さな宿ならではのおもてなし。自慢の天然温泉をお得なお値段で!

「やあ、ひさしぶり」そんな言葉がふと出てくるような、素朴で気さくな宿。宿自慢の天然温泉と真心の手料理をお楽しみください。つなぎサッカー場5分、滝沢市役所15分、雫石町10分、アイスアリーナ15分

岩手県盛岡市繋字湯の舘121-6

温泉地: 繋温泉

クチコミ点数 4.3 クチコミ件数 14件

1室2名利用時の1泊1名料金 2500円


地方職員共済組合繋保養所 清温荘

地方職員共済組合繋保養所 清温荘0(ちほうしょくいんきょうさいくみあいつなぎほようじょ せいおんそう)

全客室からの眺望は、雄大な岩手山と盛岡の四季を映し出す御所湖。

盛岡の奥座敷“つなぎ温泉”。岩手の四季と温泉をご満喫ください。清温荘は、地方職員共済組合が組合員等の利用を目的として運営しております。

岩手県盛岡市繋字湯の舘33

温泉地: 繋温泉

クチコミ点数 3.9 クチコミ件数 11件

1室2名利用時の1泊1名料金 4989円


岩手県 目的・こだわりで探す温泉宿・旅館

温泉にこだわる!

食事・料理にこだわる!

お部屋・客室にこだわる!

サービスにこだわる!

施設・設備にこだわる!

ロケーション・場所にこだわる!

子供や赤ちゃんと一緒に楽しむ!

都道府県から探す温泉宿・旅館

北海道・東北

関東

甲信越

東海

北陸

近畿

中国

四国

九州・沖縄

帰宅する際、旅館の部屋を出る時に注意することは何?

部屋を出る時に一番注意したいことは、散らかしっぱなしで出ないこと。濡れたバスタオルをベッドやカーペットの上に置いて出てしまったら、シミになるかもしれませんし、カーペットを乾かすにも時間がかかってしまいます。この場合、「濡れたバスタオルはバスタブに入れておく」というのがマナーです。また、浴衣(ゆかた)を着たら、部屋を出る前に一箇所にまとめとくと掃除係の人も助かります。あなたが充実した心地よい旅行ができたのは、旅館や宿のスタッフの人のおかげです。「私は金を払っている客だ。なんでも許されるんだ。」という態度ほどかっこ悪いものはありません。宿のスタッフも含めて、次に使う人のことを考えられる人でいたいものです。