鹿児島県 鹿児島・桜島
にごり湯がある温泉旅館・宿
クチコミ人気ランキング

にごり湯は「一期一会」なお湯と言えます。というのも、源泉から湧き出たお湯は、イオンや混濁物質、鉄分、硫黄、硫化水素などが複雑に化学変化して色が変わり濁っていきます。白、青、茶、緑、赤、クリーム、黒、グレーと様々な色の温泉は、その日の景色と共に微妙に移り変わっていきます。お湯に入る日、時間帯、天気などによって様々な色合いを見せてくれる、匂いだけでなく視覚的にも楽しめる、それが「にごり湯」ならではの特徴です!

ランキングを並べ替える→ クチコミ人気順 | 料金が安い順 | 料金が高い順

鹿児島県 鹿児島・桜島にある「にごり湯がある温泉旅館・宿」の「クチコミ人気ランキング」を最新データからド〜ンとご紹介!今日の1位はどの温泉宿か?

クチコミ人気ランキング 1位

桜島マグマ温泉 国民宿舎レインボー桜島

桜島マグマ温泉 国民宿舎レインボー桜島0(さくらじままぐまおんせん こくみんしゅくしゃれいんぼーさくらじま)

雄大な桜島と目前に広がる錦江湾の絶景♪天然マグマ温泉も大人気!

大地の恵みが豊富な桜島には地下1000mから湧き出る掛け流しの温泉が大人気!鹿児島市街地や行き交う桜島フェリーを一望できる展望温泉を満喫ください!湯上り後は体の芯からポッカポカ♪

鹿児島県鹿児島市桜島横山町1722―16

温泉地: 桜島マグマ温泉

クチコミ点数 4.3 クチコミ件数 34件

1室2名利用時の1泊1名料金 5390円


クチコミ人気ランキング 2位

ホテルウェルビューかごしま

ホテルウェルビューかごしま0(ほてるうぇるびゅーかごしま)

鹿児島市内にあり天然温泉など施設も充実した快適なホテル

鹿児島市内与次郎地区にあり桜島を一望できる最高のロケーションで雄大な桜島の様々な表情が楽しめる 光を取り入れた明るいロビーは洗練された明るい空間 天然温泉も楽しめリゾート気分も満喫できる

鹿児島県鹿児島市与次郎2―4―25

温泉地: 鹿児島温泉

クチコミ点数 4.1 クチコミ件数 62件

1室2名利用時の1泊1名料金 3100円


クチコミ人気ランキング 3位

温泉ホテル中原別荘(客室禁煙・耐震改修済)

温泉ホテル中原別荘(客室禁煙・耐震改修済)0(おんせんほてるなかはらべっそう きゃくしつきんえん たいしんかいしゅうずみ)

鹿児島のビジネス・カルチャー・交通アクセスの拠点にある宿

照国神社の門前通り、鹿児島の都心にありながら、かけ流しの100%天然温泉を満喫できる寛ぎの宿。季節の会席料理、天文館も徒歩5分圏内と好アクセス、観光にビジネスに最適のロケーションです。

鹿児島市照国町15-19

温泉地: 鹿児島温泉

クチコミ点数 3.7 クチコミ件数 35件

1室2名利用時の1泊1名料金 5400円


桜島シーサイドホテル

桜島シーサイドホテル0(さくらじましーさいどほてる)

目の前に広がる錦江湾を眺めつつ源泉かけ流し湯を楽しめる桜島の宿

客室は全室オーシャンビュー、部屋食も可。
同じく錦江湾に臨む源泉かけ流しの湯は男女別露天の他に混浴も。
時間毎に変わる素晴らしい眺望をお部屋でお風呂で。運がよければイルカの群れに遭遇するかも…

鹿児島県鹿児島市古里町1078―63

温泉地: 古里温泉

クチコミ点数 3.8 クチコミ件数 18件

1室2名利用時の1泊1名料金 4630円


さくらじまホテル

さくらじまホテル0(さくらじまほてる)

錦江湾を望める源泉掛流し絶景露天と全室オーシャンビューが自慢!

『活火山なのに普通に人が暮らしていてホテルもある』
当館は桜島島内にある数少ない湯宿です。
マグマの熱や火山岩のミネラル成分いっぱいの温泉と
海を眺める絶景露天風呂でお楽しみ下さい。

鹿児島県鹿児島市古里町1078―64

温泉地: 有村温泉

クチコミ件数 4件

1室2名利用時の1泊1名料金 7910円


鹿児島県 目的・こだわりで探す温泉宿・旅館

温泉にこだわる!

食事・料理にこだわる!

お部屋・客室にこだわる!

サービスにこだわる!

施設・設備にこだわる!

ロケーション・場所にこだわる!

子供や赤ちゃんと一緒に楽しむ!

都道府県から探す温泉宿・旅館

北海道・東北

関東

甲信越

東海

北陸

近畿

中国

四国

九州・沖縄

予想外の渋滞にはまって到着時間が遅れそう・・宿への連絡は必要?

宿泊予約はチェックイン時間を2時間オーバーした場合、宿泊キャンセルしたものとみなされることがあります。そこで、到着が遅れそうなら、今どこにいて、どんな状況なのかを必ず連絡するようにしましょう。交通渋滞などで到着時刻が予想できない場合でも、現地の情報に詳しい旅館のスタッフに相談すれば、目安や抜け道を教えてもらえることもあります。基本的には、どんなに遅くても夕食時までに宿に到着するのが常識です。