岐阜県 奥飛騨
にごり湯がある温泉旅館・宿
クチコミ人気ランキング

温泉地ならではの「にごり湯」!にごり湯にも乳白色・翡翠色・茶褐色・橙色・黒色などと様々な種類があります。また、匂いや肌触りもお湯によって違い、透明なお湯が空気に触れて白濁していく様子も楽しめます!そんな「にごり湯」を楽しめる温泉旅館・温泉宿を「くちこみ」「価格が安い」「高級」の3つのランキングでご紹介!

ランキングを並べ替える→ クチコミ人気順 | 料金が安い順 | 料金が高い順

岐阜県 奥飛騨にある「にごり湯がある温泉旅館・宿」の「クチコミ人気ランキング」を最新データからド〜ンとご紹介!今日の1位はどの温泉宿か?

クチコミ人気ランキング 1位

元湯 孫九郎(まごくろう)

元湯 孫九郎(まごくろう)0(もとゆ まごくろう)

【’15夏リニューアル!】奥飛騨有数の湧出量を誇る源泉の宿

源泉の宿としてのこだわりと姿勢はそのままに、2015年大湯(男女別内風呂)が完成!一部客室、ロビー等も改装しました。奥飛騨有数の湧出量を誇る100%の天然温泉を大湯と自慢の露天風呂でお楽しみください

高山市奥飛騨温泉郷福地1005

温泉地: 福地温泉

クチコミ点数 4.4 クチコミ件数 25件

1室2名利用時の1泊1名料金 16200円


クチコミ人気ランキング 2位

山のよろこび お宿 栄太郎

山のよろこび お宿 栄太郎0(やまのよろこび おやど えいたろう)

クーポン配信中★クチコミ料理5ツ星の宿でA5飛騨牛と源泉を堪能

岐阜の料理師範の宿♪料理と湯が自慢♪A5飛騨牛♪透明と濁り湯、2種の源泉100%かけ流し♪宿泊当日翌日P無料♪主人が自ら山菜・川魚・きのこなどを調達♪バス停徒歩1分、観光拠点としても好立地♪

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯温泉649

温泉地: 平湯温泉

クチコミ点数 4.4 クチコミ件数 27件

1室2名利用時の1泊1名料金 5940円


クチコミ人気ランキング 3位

KKR平湯たから荘(国家公務員共済組合連合会平湯保養所)

KKR平湯たから荘(国家公務員共済組合連合会平湯保養所)0(けーけーあーるひらゆたからそう こっかこうむいんきょうさいくみあいれんごうかいひらゆほようじょ)

敷地から湧く平湯温泉をかけ流した露天風呂。飛騨牛の料理が自慢

露天風呂、内湯、貸し切り温泉は敷地から湧く平湯温泉かけ流し。飛騨牛ほか地物素材を使った会席料理をお楽しみください。

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯763-12

温泉地: 平湯温泉

クチコミ点数 4.5 クチコミ件数 24件

1室2名利用時の1泊1名料金 5800円


奥飛騨ガーデンホテル焼岳(やけだけ)

奥飛騨ガーデンホテル焼岳(やけだけ)0(おくひだがーでんほてるやけだけ)

希少なエメラルド色の源泉かけ流し大露天風呂と囲炉裏食事の宿

ビタミン・ミネラルたっぷり超深層水温泉「うぐいすの湯」。混浴・立ち湯・ヒノキ湯・洞窟風呂など湯めぐりを。源泉100%のエメラルド色の温泉と郷土料理でおもてなし

高山市奥飛騨温泉郷一重ヶ根2498-1

温泉地: 新平湯温泉

クチコミ点数 4.2 クチコミ件数 26件

1室2名利用時の1泊1名料金 5400円


ひらゆの森別館ホテルひらゆの森

ひらゆの森別館ホテルひらゆの森0(ひらゆのもりべっかんほてるひらゆのもり)

ひらゆの森別館として2016年12月オープン!

ひらゆの森の別館ホテルです。
奥飛騨では珍しいビジネスホテルスタイル
客室はセミダブルのツインルーム。
館内には源泉かけ流しの内湯がありご滞在中いつでもご利用いただけます。
軽朝食無料

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯656ー4

温泉地: 平湯温泉

クチコミ点数 4.2 クチコミ件数 30件

1室2名利用時の1泊1名料金 4860円


ひらゆの森

ひらゆの森0(ひらゆのもり)

【平湯温泉】森林浴と温泉浴。ふたつの温もりで過ごす至福の時間

平湯温泉ではめずらしい乳白色の源泉。15000坪の広大な敷地の中には、16の露天風呂(男7女9)!森の中の露天風呂で四季を感じる贅沢をどうぞ♪1泊朝食に素泊まりプランも好評♪原生林を満喫できる遊歩道も有。

岐阜県高山市奥飛騨温泉郷平湯温泉763-1

温泉地: 平湯温泉

クチコミ点数 4.7 クチコミ件数 6件

1室2名利用時の1泊1名料金 4320円


岐阜県 目的・こだわりで探す温泉宿・旅館

温泉にこだわる!

食事・料理にこだわる!

お部屋・客室にこだわる!

サービスにこだわる!

施設・設備にこだわる!

ロケーション・場所にこだわる!

子供や赤ちゃんと一緒に楽しむ!

都道府県から探す温泉宿・旅館

北海道・東北

関東

甲信越

東海

北陸

近畿

中国

四国

九州・沖縄

大浴場に入る時のマナーを教えて!

まず、一番ダメなのがタオルや手ぬぐいを湯船(お風呂)の中に入れること。というのも、使用後のタオルには石けんの雑菌がついていたり、新品のタオルも糊(ノリ)で加工されている場合があり、お湯を汚す原因にもなるからです。また、髪の長い人は髪の毛が湯船に入らないように、ピンで束ねて入浴するようにしましょう。使い終わった桶(おけ)は伏せて水を切っておけば、次の人が気持ちよく使うことができます。入浴後のマナーとしては、脱衣場に戻る前にしっかりと体を拭きましょう。じゃないと、脱衣場の床がびちょびちょに濡れてしまします。後から大浴場に入る人のことも忘れずに!