宮崎県 えびの・都城
幼児(子供)向け食事のみがある温泉旅館・宿
クチコミ人気ランキング

幼児向けの食事がある温泉旅館を3つのランキングでご紹介!

ランキングを並べ替える→ クチコミ人気順 | 料金が安い順 | 料金が高い順

宮崎県 えびの・都城にある「幼児(子供)向け食事のみがある温泉旅館・宿」の「クチコミ人気ランキング」を最新データからド〜ンとご紹介!今日の1位はどの温泉宿か?

クチコミ人気ランキング 1位

えびの高原荘

えびの高原荘0(えびのこうげんそう )

南九州最高地屋外アイススケート場☆2/24迄 営業中☆

標高1,200mに位置する屋外アイススート場を併設
源泉かけ流し温泉やお食事処・売店も完備しており一日中満喫できますよ!

宮崎県えびの市大字末永1489

温泉地: えびの高原温泉

クチコミ点数 4.1 クチコミ件数 28件

1室2名利用時の1泊1名料金 5300円


クチコミ人気ランキング 2位

京町観光ホテル

京町観光ホテル0(きょうまちかんこうほてる)

えびのICから車で5分!天然温泉24時間入浴OKの宿

敷地内の源泉を汲み上げて掛け流しをしています。53度で高温の為加水しています。ゆっくり汗を流した後は当館自慢の会席料理をご賞味下さい。ゆったりとした貸切家族風呂もあります

えびの市大字向江669

温泉地: 京町温泉

クチコミ点数 4.1 クチコミ件数 25件

1室2名利用時の1泊1名料金 7560円


クチコミ人気ランキング 3位

須木の山里(すきむらんど)

須木の山里(すきむらんど)0(すきのやまざと すきむらんど)

こころのふるさと 須木へ帰ろう

自然の中に溶け込むように佇む茅葺屋根のかるかや。思わず「ただいま」と言いたくなる懐かしい空間がここにあります。風を感じながら景色を眺めたりと、ゆったりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか

宮崎県小林市須木下田412-6

温泉地: すきむらんど温泉 かじかの湯

クチコミ点数 4.3 クチコミ件数 7件

1室2名利用時の1泊1名料金 8000円


湯之元温泉

湯之元温泉0(ゆのもとおんせん)

シュワっと炭酸!?温泉通が選ぶ【ラムネ温泉の宿】ぬるめで最高♪

日本で一番古い炭酸温泉と言われる【明治開業】の湯治宿。世界的にも珍しい天然の炭酸温泉は【ぬるめの湯】なので夏でも気持ち良いです。料理は好評の黒豚をご用意 部屋が広いので是非大人数でもどうぞ♪

宮崎県西諸県郡高原町蒲牟田7535

温泉地: 湯之元温泉

クチコミ点数 4.2 クチコミ件数 9件

1室2名利用時の1泊1名料金 9320円


旅館あけぼの荘

旅館あけぼの荘0(りょかんあけぼのそう)

川内川を一望できる自家源泉の温泉、料理が自慢の小さな宿

京町温泉駅から徒歩8分、えびのインターから車で10分。九州の旅行・ビジネスの拠点として便利!
当館生産のお米や野菜、宮崎牛でおもてなし致します。湯の流れる音を聴きながら、のんびり温泉へどうぞ。

宮崎県えびの市向江825

温泉地: 京町温泉

クチコミ点数 4.2 クチコミ件数 7件

1室2名利用時の1泊1名料金 6600円


旬の料理とお湯の宿 常盤荘

旬の料理とお湯の宿 常盤荘0(しゅんのりょうりとおゆのやど ときわそう)

「美味しい物を、一番美味しい時に」小さな料理屋から始まった宿

昭和36年春。私たちの始まりは 小さな料理屋 から――
「自家農園」で採れた旬の素材を使用したお料理に
和のテイストあふれるお部屋をご用意。
隠れ家で過ごすような、心やすらぐひとときを。

宮崎県都城市山田町中霧島2455-2

温泉地: 常盤温泉

クチコミ点数 3.4 クチコミ件数 8件

1室2名利用時の1泊1名料金 7480円


加久藤温泉

加久藤温泉0(かくとうおんせん)

約千匹のコイを養殖!湧き水で育てた鮮度抜群の鯉料理と美肌の湯

生命力の強い鯉の栄養は魚の中でもトップクラス!
中国では薬膳料理にも使わている高級魚です。
調理する直前に捌く、新鮮な鯉料理と祖父の想いが詰まった大切な温泉でおもてなし致します。

宮崎県えびの市大字西長江浦152-2

温泉地: 加久藤温泉

クチコミ件数 0件

1室2名利用時の1泊1名料金 5400円


宮崎県 目的・こだわりで探す温泉宿・旅館

温泉にこだわる!

食事・料理にこだわる!

お部屋・客室にこだわる!

サービスにこだわる!

施設・設備にこだわる!

ロケーション・場所にこだわる!

子供や赤ちゃんと一緒に楽しむ!

都道府県から探す温泉宿・旅館

北海道・東北

関東

甲信越

東海

北陸

近畿

中国

四国

九州・沖縄

帰宅する際、旅館の部屋を出る時に注意することは何?

部屋を出る時に一番注意したいことは、散らかしっぱなしで出ないこと。濡れたバスタオルをベッドやカーペットの上に置いて出てしまったら、シミになるかもしれませんし、カーペットを乾かすにも時間がかかってしまいます。この場合、「濡れたバスタオルはバスタブに入れておく」というのがマナーです。また、浴衣(ゆかた)を着たら、部屋を出る前に一箇所にまとめとくと掃除係の人も助かります。あなたが充実した心地よい旅行ができたのは、旅館や宿のスタッフの人のおかげです。「私は金を払っている客だ。なんでも許されるんだ。」という態度ほどかっこ悪いものはありません。宿のスタッフも含めて、次に使う人のことを考えられる人でいたいものです。