渋滞予報ができるホンダのカーナビ「インターナビ」

以前、TBSのがっちりマンデーという番組で「予報ビジネス」について特集していました。

そこで交通渋滞を予測できる「インターナビ」が紹介されていました。

「インターナビ」とは、ホンダのカーナビです。

そもそも、世界ではじめてカーナビを開発したのはホンダだそうです。

通常のカーナビだと、出発前にルート設定を行っても、走っている間に到着時刻がどんどん変更してしまう。

しかし、ホンダのカーナビ「インターナビ」だと誤差は数分。

通常のカーナビは「VICS(ビックス)」という「高速道路や主要道路に設置されているセンサーから渋滞情報をカーナビに送る公共機関のシステム」を使って計算している。

しかし、これだと高速道路や幹線道路の情報だけしか分からない。

一方、ホンダのカーナビ「インターナビ」は、「VICS(ビックス)」に加え、車を運転しているお客の情報を元に、「VICS(ビックス)」が提供していない道路までもカバーして、到着予想時間を求めることができる。

もっと具体的に説明すると、「インターナビ」を搭載している車から情報提供を受け、自動的に細い道でも細かい渋滞情報を送ってくれるシステムとなっている。

このように、「インターナビ」を搭載しているお客のから情報提供を受けることで、「VICS(ビックス)」の約8倍の面積の交通情報を使うことができるようになった。

また、各車両から集まった渋滞情報をホンダの情報センターでデータベース化し、過去のデータを元に未来の渋滞情報を車に送信する「渋滞予測機能」もある。

ホンダ インターナビ


車で温泉に行く時は、駐車場が無料の温泉宿を選んで行きたいですね。

スポンサード リンク

このカテゴリの最新ニュース(5記事)

サイト全体の最新国内旅行ニュース(10記事)

目的・こだわりで温泉宿を選ぶ

温泉にこだわる!
食事・料理にこだわる!
お部屋・客室にこだわる!
お部屋・客室にこだわる!
施設・設備にこだわる!
ロケーション・場所にこだわる!
子供や赤ちゃんと一緒に楽しむ!

花粉症対策

50万円欲しい